■ 秋之野窯通信 Vol.66 2019.5 6

       
   


・すいせん
上山市街地より2週間ほど咲くのが遅い。
イベリア半島が原産地だそうで、そういわれるとヨーロッパの香りがする・・・か。

 


・ひとりしずか
毎年咲いてくれる「一人静」
静御前が舞っている姿に見立てたそうだが、これだけいると、さぞ義経もうるさかったろう。

 


・かもしか
以前は時々窯の回りで見かけたが、このごろはめずらしい。



       
   
         

・皿3枚

       

登作
陶の家をモチーフにした30cmの色絵皿

 

登作
杉の木をデザインした色絵皿

 

寛子作
向かい合った鳥の色絵皿



       
   


・陶人形
寛子さんの新作人形。

 


・レンガの家
レンガ風の陶の家
素焼後の色もレンガ風だが、本焼きではもっと赤くレンガの色になる。これからは織部釉の緑の屋根で、冬は白釉で雪の色に。

 


・化石
土の中から出てきた丸い石。20年まえくらいに見つけたもので、最近これが球状コンクリーションと呼ばれるもの。約5千万年前の地層から出るそうで、この辺は大昔海だったそう。



       
   


・鳥三羽
白釉色絵
鳥文様壺 3種

 


・パネル
電気炉用のコントロールパネルにいままでスイッチに文字が入ってなかったので、どれが何のスイッチかわからなかった。そこで、透明ラベルシールで文字入れを。

 


・火事
四月に向かい側の山から出火。
家からは4kmくらい遠くだが、思わず写真に。


秋之野窯 電子オルガン製作記16


       
   


・T.Gセレクター
トーンジェネレーター切り替えスイッチ。
軽いタッチのタクトスイッチで音源を切り替えるためのコントロール基盤。主役は74HC175

 


・モーター
ロータリースピーカーに使う小型のACモーター。 しかし、10分も回すとなんと本体が50℃に。 これでも正常だそうで。 カタログでは80℃までOKとのこと。
あたしゃだめだ。すぐにDCに交換だ。

 


・ピアノのオモチャ
娘が小さいころにあそんだシルバニアファミリーのピアノ。べつに捨ててもいいのだが、なんとなく飾ってみた。どんなものでもあとで何かに使えるかもしれない。とにかくなんでもためこもう。きっといつか役に立つ時がくる・・・かも。




秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
2009年
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
2010年
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
2011年
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
2012年
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
2013年
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
2014年
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
2015年
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
2017年
Vol.52 2017.1 2 Vol.53 2017.3 4 Vol.54 2017.5 6 Vol.55 2017.7 8 Vol.56 2017.9 10 Vol.57 2017.11 12
2018年
Vol.58 2018.1 2 Vol.59 2018.3 4 Vol.60 2018.5 6 Vol.61 2018.7 8 Vol.62 2018.9 10 Vol.63 2018.11 12
2019年
Vol.64 2019.1 2 Vol.65 2019.3 4