■ 秋之野窯通信 Vol.60 2018.5 6

       
   

・オダマキ
工房の回り、あちこちに、いま満開。
 


・除虫菊
シロバナムシヨケギクが別名。
植えただけで虫よけの効果、あるとかないとか。

 


・展示室
やっとリニューアルが終わって、心機一転。これからもよろしく。




       
   

・ポチたち
『今年は戌年。みんなしっかりやろうぜ
こら、そこの緑色、どこ見ているんだ』
 


・新作湯呑
このごろの器は白くてシンプル。そこで時代に合わせて、白釉にサラッとした絵付に。

 


・寛子さんの人形
黒い土に白釉の陶人形。前回よりちょっといいかも。



       
     

・ビッグバンが閉店
上山市で長く愛されてきた本のビッグバン。
閉店後の片付けの時、思い出のものを頂いてきた。
ビックバンで有名な店長の一言。そして、毎日閉店のお知らせをするCD。蛍の光がちょっとさみしい。
 


・五十三次
永谷園が当時、お茶漬けに入っていたカードを送ると五十三次フルセットがもらえた。が、親戚のおばちゃんが、東京の蒲田にある永谷園に勤めていたので・・・・。
50年も前の話だが、今は永谷園の開発センターになっているようで。そのすぐ近くに2年間住んでいたので懐かしい。

 




       
   

・極小陶の家
京都のギャラリーから、小さい陶の家の製作の依頼があった。高さが1cmくらい。昔は大きさの比較にタバコを使ったが、今はマッチで。
 


・桐箱
左が晃子さん
右が私
「オレのほうが若いかも」

 


・シルバニアファミリー
娘が小さいとき遊んだシルバニアファミリーの家。なにか利用法はないかと思い、配電盤のカバーに。


秋之野窯 電子オルガン製作記10


       
   

・オシロスコープ
今まで使っていたリーダーのオシロがこわれたので、日立の中古オシロを購入。
すこしオーバースペックだが、価格が手頃だったので。
 


・ドローバー
ドローバーが完成。スライドホリュームで動きがスムーズ。

 


・スプリングリバーブ
今はもう中古しか手に入らないと思っていたら、いまだに製作されている。ギターアンプに需要があるそうで、上が新品で韓国製、下が50年前に買った日本製。デジタルリバーブにない独特の音がする。




秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
           
2009年          
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
           
2010年          
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
           
2011年          
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
           
2012年          
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
           
2013年          
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
           
2014年          
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
           
2015年          
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
           
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
           
2017年
Vol.52 2017.1 2 Vol.53 2017.3 4 Vol.54 2017.5 6 Vol.55 2017.7 8 Vol.56 2017.9 10 Vol.57 2017.11 12
           
2018年
Vol.58 2018.1 2 Vol.59 2018.3 4