■ 秋之野窯通信 Vol.64 2019.1 2

       
   


・あけまして
   おめでとう
      ございます。
今年も秋之野窯をよろしくお願いいたします。

 


・漢字トーク7.5
MacOSになる前のマッキントッシュのパソコンに使われていた基本ソフト。しばらくぶりに起動させると、1月1日は「あけましておめでとう・・・」の画面。昔のAppleは人にやさしかったような。

 


・三吉神社
大晦日のにぎわいも終わり、1月1日のしずかな朝。
今年もよろしく
    おねがいします。



       
   

・灰釉色絵花生
灰釉に白釉を流し、色絵で木の葉を上絵。高さ23cm
 


・陶の家
  雪シリーズ
レンガ色の土に白釉で冬の風景に。

 


・白釉色絵一輪ざし
一輪ざしにメジロをいっぱい絵付。



       
     

・白釉金彩小壺
マット系の金彩は、焼いたあと、絵付の部分をみがくと、おちついた色に発色する。
 
・サーキュレーター
薪ストーブの上に、パソコン用のファンを2個取り付けた。少々うるさいが効果は絶大、とまではいかないが使える。


   


       
       

・秋之野窯  かってに応援団
俵屋のあめ
東京の姪夫婦が、金沢への旅行で旅先から送ってくれた。「飴」なので、てっきりベッコウ色のあれかなと思って開いて、食べてみたら、少しやわらかめの、やさしい甘さの、きなこやまっ茶の味
。ぜひどうそ。
 



 

 


秋之野窯 電子オルガン製作記14


       
   

・ビブラート回路
デジタル電源用ビブラート回路
分周回路の音源は簡単に変調できるが、デジタル音源は簡単にはいかない。そこで素人でもなんとかなるトランジスターのCとEの位相差を利用して変調する方法を使った。それらしい音になった。ような。
 


・ドローバー
ドローバーユニットに入力基盤を取り付け、ケーブルをピンに差してさっそく試運転。

 


・80%できた。
80%くらい完成か。しかし、あと20%に2年はかかるような。
がんばろー。




秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
           
2009年          
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
           
2010年          
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
           
2011年          
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
           
2012年          
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
           
2013年          
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
           
2014年          
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
           
2015年          
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
           
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
           
2017年
Vol.52 2017.1 2 Vol.53 2017.3 4 Vol.54 2017.5 6 Vol.55 2017.7 8 Vol.56 2017.9 10 Vol.57 2017.11 12
           
2018年
Vol.58 2018.1 2 Vol.59 2018.3 4 Vol.60 2018.5 6 Vol.61 2018.7 8 Vol.62 2018.9 10 Vol.63 2018.11 12