<< 前の記事へ
 
 
秋之野通信バックナンバー


■秋之野窯通信 Vol.56 2017.9 10

       
     

・ツルニンジン
窯の回りにときどき見かける。根が高麗人参に似ているとか。傷薬になるよう。
 


・君の名は
アオマツムシ、サトクダマキモドキ、クダマキモドキ、ヒメクダマキモドキ、クサキリ、調べてもわからない。やっぱり、本人に聞いたほうが。

 

 




       
       

・ピアノ
黒釉を掛けて本焼きをする予定だったが、素焼きで割れてしまった。 粘土は今は手に入らない栃木県茂木町産。
 

 

 

 




       
   

・土鈴
神奈川県相模原市のMさんからの注文で、久しぶりに土鈴を製作。素焼きだが800℃なので、大きい窯に土鈴2個だけ。
 
・My CUP
秋之野窯では転写の技術を利用して手描きの絵をカップに焼き付けるサービスを始めました。絵の大きさはたてよこ3cmくらいです。黒の線で描いた絵に、こちらで淡い色をつけます。価格はカップ2個で3240円、カップ4個で5400円です。詳しくは、お電話で。



       
   

・マグカップ
ケヤキの板を使ったコースターに黒陶色絵マグカップ
 


・黒陶長皿
シンプルなデザインに、どんな料理が合うかな。

 


・陶の家
乾燥中の陶の家。今年の8月の天気ではなかなか乾かない。そろそろストーブの出番かな。



秋之野窯 電子オルガン製作記7


       
   
         
・アンプ
リサイクル店の閉店セールで1400円のギターアンプ。箱はきたないが新品。友人がこれを見て「おっ、マーシャルか」と。たしかに似ている。オルガンの調整用にはこれで充分。
  ・MIDI SW
上鍵盤にMIDI用のスイッチを追加。パソコンにデータを送れる。しかし、うちのMACのGarage Bandでは音は出るがプログラムチェンジがうまくいかない。これを作るのに1ヶ月。
  ・ロータリースピーカー用スイッチ
100VをON OFFするだけなので、どんなスイッチでもいいのだが、今の世の中、軽いタッチのほうがいい。このためだけにリレー2個、マイクロスイッチ4個に12Vの電源で自己保持回路を。



 
秋之野通信最新号へ戻る


秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
           
2009年          
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
           
2010年          
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
           
2011年          
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
           
2012年          
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
           
2013年          
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
           
2014年          
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
           
2015年          
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
           
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
           
2017年
Vol.52 2017.1 2