<< 前の記事へ
 
 
秋之野通信バックナンバー


■秋之野窯通信 Vol.73 2020.7 8

       
   


・木いちご
たぶん木いちごだと思うが、植物図鑑を見ると同じような赤い実がたくさんある。
どれも同じように見えてくる。

 


・おとぎり草
弟切草と書くそうで、小さい黄色の花のわりにぶっそうな名前だ。
古くから傷薬に使われているそうで、若いころ傷につけた覚えがある。

 


・ヒメオウギスイセン
(クロコスミア)
毎年夏になると同じところから出てくる。球根植物なので、なるほど。
ヨーロッパからの植物で原産地は南アフリカ。 その仲間にエミリーマッケンジー、ジョージダビットソン。 なんとも、かっこいい。



       
   
         
・人形       ・犬

  寛子さん、人形製作中。
形が出来て、今乾燥中。
あたたかい所でひなたぼっこ。

  庭にあるドラム缶がサビて、ぼろぼろになったものがちょうど犬の型に見えるので、銀の塗装をしてパネルに。これ、ちょっといいかも。


       
   
         
・陶の家の台       ・陶の家
  庭のある風景をジオラマに。
大きさは5cm×7cmくらい。
秋之野窯で販売の予定。
  素焼(650℃)をして、なにげなく並べた素焼きの家。
色のない家も、あらためてみると、これはこれでいいかも。

秋之野窯 電子オルガン製作記23


       
   
         
ベース部分に本体を取り付けたので、いよいよオルガンらしくなってきた。 ベースにはエクスプレッションペダルと電源回路が入る。完成まではまだまだ。 5月、6月は各回路のインピーダンス整合に。なんとかなったようだ。
  ・キャスター
  ベースの下に小さなキャスターを取り付けた。このキャスター1個で120kgまでOKなので、4個で480kg。オルガンは100kgくらいなので十分すぎる。片手で動かせるようになった。

 
秋之野通信最新号へ戻る


秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
2009年
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
2010年
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
2011年
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
2012年
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
2013年
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
2014年
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
2015年
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
2017年
Vol.52 2017.1 2 Vol.53 2017.3 4 Vol.54 2017.5 6 Vol.55 2017.7 8 Vol.56 2017.9 10 Vol.57 2017.11 12
2018年
Vol.58 2018.1 2 Vol.59 2018.3 4 Vol.60 2018.5 6 Vol.61 2018.7 8 Vol.62 2018.9 10 Vol.63 2018.11 12
2019年
Vol.64 2019.1 2 Vol.65 2019.3 4 Vol.66 2019.5 6 Vol.67 2019.7 8 Vol.68 2019.9 10 Vol.69 2019.11 12