<< 前の記事へ
 
 
秋之野通信バックナンバー


■秋之野窯通信 Vol.63 2018.11 12

       
   

・銀杏
工房の近くにある銀杏の木。毎年秋になると鮮やかな黄色で、秋の風景を楽しませてくれる。
 


・まもなく冬
紅葉も終わると山は冬の準備。葉が落ちて、空が広くなる。

 


・秋之野窯はこちらです
訪ねてくださる方にわかるように小さな看板を。ぜひどうぞ。



       
   
         
・鳥の文様@   ・鳥文カップ   ・陶人形
7月に飛びこんできた目白を色絵にしてみました。これから、器に鳥の文様をこれまで以上に描いていこうと思ってます。寛子さんの鳥もよろしく。
  寛子さんの人形、またまたバージョンUP。いままでよりちょっと大きめ。


       
   

・黒陶一輪ざし
平らな形の一輪ざし。これ、意外と作るのがむずかしい。
 


・湯呑
秋の夕暮れを湯呑に。

 「新世界、第二楽章」

 


・Tさんちのネコ
カメラを下げて歩いていたら、近所のネコが。ぜひ一枚と言ったらキリっとカメラ目線に。



       
       

・秋之野窯
かってに応援団@
福島県喜多方市の会津焼。しょうゆせんべいだが、とにかく味が薄い。この味の薄さは日本一か。そのため飽きずに食べられる。ぜひお試しを。
製造 うかわ商店
「会津焼」
なお、あくまでも個人の感想で、諸説あります。
 



 

 


秋之野窯 電子オルガン製作記13


       
   

・HAMMOND-XMI
ハモンドのXM-I音源モジュール。
これをMIDIケーブルで接続すれば、うちのオルガンがハモンドオルガンになる。トーンホイールの名器B-3の音がデジタルで甦り、ジミースミスがやってくる。
 


・トレモロ回路
音にトレモロ効果を加えるのはそれほどむずかしくはない。
CDSを使った回路をうちのオルガンでは使ったが、LEDを点滅させるスイッチングノイズを取るのにあれこれ1ヶ月かかった。

 


・MAC2点
iMacの本体をスタンドのシェードに。
下はエアーマック。
古いタイプだが、まだまだ現役




 
秋之野通信最新号へ戻る


秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
           
2009年          
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
           
2010年          
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
           
2011年          
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
           
2012年          
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
           
2013年          
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
           
2014年          
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
           
2015年          
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
           
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
           
2017年
Vol.52 2017.1 2 Vol.53 2017.3 4 Vol.54 2017.5 6 Vol.55 2017.7 8 Vol.56 2017.9 10 Vol.57 2017.11 12