<< 前の記事へ
 
 
秋之野通信バックナンバー


■秋之野窯通信 Vol.84 2022.5 6


       
   


・ツツジ
葉っぱの表面に毛があるのでツツジ。 いまごろ白い花で楽しませてくれる。

 


・除虫菊
和名をシロバナムシヨケギクと言うそうで、庭に植えたら毎年ふえてくれる。 除虫菊もアブラ虫には弱いようで。

 


・花と虫
庭にあるヒメジョオンに小さな虫と思ったら、これはハルジョオン。 ヒメジョオン、ハルジョオンは貧乏草の別名があるそうで、貧乏な人の家は庭の手入れをするヒマもないからとのこと。しかし、手入をするヒマもないと言うことは忙しいともいえるし、どっちなんだろー。



       
   


・ワラビ
家の裏からワラビがすこし採れる。 すぐにストーブの灰でアク抜きを。 アクを抜く法方はいろいろあるようだが、灰が一番。

 


・赤いシダ
緑一色のシダの中にこれだけが赤い。 なんという名前なんだろうか。 似ているものか多くてわからない。

 


・丁字草
チョウジソウもアジア産やアメリカ産など、いくつかの種類があるそうで。
これはどこ。アジア? アメリカ?



       
   


・ピアノ
上山市図書館での工芸展のために作ったピアノ。

 


・ネコ皿
このごろちょっと売れている。
まねき猫かな。

 


・色絵ぐい呑
もっと日本酒を飲む人が増えればいいのに。



       
   


・乾燥中
湯呑を、ただいま乾燥中。
このあと素焼きをして、いよいよ本焼に。

 


・ペンダント
以前作っていたペンダント。
もう一回作ってみようかな。

 


・ナポレオンの帽子
フランス、リモージュ焼のナポレオンの帽子。 コニヤックが入った器の蓋で、帽子の型をしている。
べつにいらないのだが、なんとなく捨てられない。 でも、いらない。



       
   


・陶の家
新作の陶の家
新作だが、いつもと同じよう。

 


・色絵皿
中くらいの色絵の皿。使っても良いし、飾ってもいいように台付。

 


・7Pプラグ
以前はどこの電子部品店でも売っていたプラグだが、今はもう製造していない。 古い電子機器の修理に必要、でもどこでも手に入らない。


 
秋之野通信最新号へ戻る


秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
2009年
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
2010年
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
2011年
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
2012年
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
2013年
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
2014年
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
2015年
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
2017年
Vol.52 2017.1 2 Vol.53 2017.3 4 Vol.54 2017.5 6 Vol.55 2017.7 8 Vol.56 2017.9 10 Vol.57 2017.11 12
2018年
Vol.58 2018.1 2 Vol.59 2018.3 4 Vol.60 2018.5 6 Vol.61 2018.7 8 Vol.62 2018.9 10 Vol.63 2018.11 12
2019年
Vol.64 2019.1 2 Vol.65 2019.3 4 Vol.66 2019.5 6 Vol.67 2019.7 8 Vol.68 2019.9 10 Vol.69 2019.11 12
2020年
Vol.70 2020.1 2 Vol.71 2020.3 4 Vol.72 2020.5 6 Vol.73 2020.7 8 Vol.74 2020.9 10 Vol.75 2020.11 12