<< 前の記事へ
 
 
秋之野通信バックナンバー


■秋之野窯通信 Vol.80 2021.9 10


       
   


・コスモス
今コスモスが満開。
ピンク、赤、白と色とりどり。
なかでもピンクが一番きれいかな。

 


・ススキ
ススキと三吉山。
もう回りは秋の準備。
紅葉はまだ早いが、水引草や、たで、秋明菊、ホトトギスがいま庭に。

 


・キノコ
窯の回りにキノコがちらほら。
もちろん見るだけだが、これも秋。



       
   


・陶の家
雪がつもった陶の家を製作中。
本焼きの時、白い釉を屋根に。

 


・色絵皿
直径15cmくらいの色絵の皿。
皿立てもついているので、飾って楽しんでもらえれば。

 


・色絵一輪ざし
陶の家をデザインした一輪ざし



       
   


・花生
階段を付けた花生
西洋の古い城のイメージで。

 


・ジムニー
スズキジムニーは今、納車まで1年とか。 しかし、このジムニー、店ですぐに購入。なんと990円。
おまけにガソリンがいらない。電池で動く。

 


・クルミ
家の回りはクルミの木だらけ。
なべをもって10分も歩けば、いっぱいになる。



       
   


・ボンド
いつも使っている木工ボンドでも充分なのだが、ちょっと気になる所がある。
それは、乾燥するとビニールのようになるので、カンナとかヤスリをかけるとボロボロにカスが出る。しかしこのボンドはそれがなく、硬く乾燥する。それに強い。
MADE IN USA

 


・電柱
どこにでもある電柱とトランスだが、これは我が家専用。
自分の家だけの専用トランスがあると、他の家からの雑音が入らずきれいな電源になる。これは、オーディオにとっては最高に良い事。

 


・ミキサー
ジャンクで1000円のRAMSAのミキサーを愛用のTEACに。ジャンクでも、どこも壊れていなかった。ただ、入力がRCAの他にXLRなのでちょっとめんどう。


秋之野窯 電子オルガン製作記30


       
   


・オルガン
外側はほとんど変わっていないが、ほぼ90%は完成か。

 


・ディレー
最初、残響はスプリングリバーブの予定だったが、まったく使い物にならない。 完全に設計ミス。
挫折すること2か月。
そこでリバーブは、スプリングからデジタルに。

 


・絶縁トランス
ロータリースピーカーのモーター用スイッチング電源のノイズを防止するため、オルガンに絶縁トランスを。



 
秋之野通信最新号へ戻る


秋之野通信バックナンバー

2008年
Vol.1 2008.7 . Vol.2 2008.9 10 Vol.3 2008.11 12      
2009年
Vol.4 2009.1 2 Vol.5 2009.3 4 Vol.6 2009.5 6 Vol.7 2009.7 8 Vol.8 2009.9 10 Vol.9 2009.11 12
2010年
Vol.10 2010.1 2 Vol.11 2010.3 4 Vol.12 2010.5 6 Vol.13 2010.7 8 Vol.14 2010.9 10 Vol.15 2010.11 12
2011年
Vol.16 2011.1 2 Vol.17 2011.3 4 Vol.18 2011.5 6 Vol.19 2011.7 8 Vol.20 2011.9 10 Vol.21 2011.11 12
2012年
Vol.22 2012.1 2 Vol.23 2012.3 4 Vol.24 2012.5 6 Vol.25 2012.7 8 Vol.26 2012.9 10 Vol.27 2012.11 12
2013年
Vol.28 2013.1 2 Vol.29 2013.3 4 Vol.30 2013.5 6 Vol.31 2013.7 8 Vol.32 2013.9 10 Vol.33 2013.11 12
2014年
Vol.34 2014.1 2 Vol.35 2014.3 4 Vol.36 2014.5 6 Vol.37 2014.7 8 Vol.38 2014.9 10 Vol.39 2014.11 12
2015年
Vol.40 2015.1 2 Vol.41 2015.3 4 Vol.42 2015.5 6 Vol.43 2015.7 8 Vol.44 2015.9 10 Vol.45 2015.11 12
2016年
Vol.46 2016.1 2 Vol.47 2016.3 4 Vol.48 2016.5 6 Vol.49 2016.7 8 Vol.50 2016.9 10 Vol.51 2016.11 12
2017年
Vol.52 2017.1 2 Vol.53 2017.3 4 Vol.54 2017.5 6 Vol.55 2017.7 8 Vol.56 2017.9 10 Vol.57 2017.11 12
2018年
Vol.58 2018.1 2 Vol.59 2018.3 4 Vol.60 2018.5 6 Vol.61 2018.7 8 Vol.62 2018.9 10 Vol.63 2018.11 12
2019年
Vol.64 2019.1 2 Vol.65 2019.3 4 Vol.66 2019.5 6 Vol.67 2019.7 8 Vol.68 2019.9 10 Vol.69 2019.11 12
2020年
Vol.70 2020.1 2 Vol.71 2020.3 4 Vol.72 2020.5 6 Vol.73 2020.7 8 Vol.74 2020.9 10 Vol.75 2020.11 12